税務調査は拒否できる?任意調査とはどういうこと?

任意調査通常行われる税務調査が「任意調査」と呼ばれていることをお聞きになったことがある方は多いと思います。国税局の査察部が行う令状のある「強制調査」に対してそのように呼ばれます。

しかしながら任意調査が具体的にどのようなものかまでご存知の方は少ないのではないでしょうか。

今回はそんな任意調査にスポットを当てて元国税調査官の経験を基に解説したいと思います。

 任意調査とは

堅苦しい話になりますが、まずは条文を紐解いてみましょう。

 根拠となる条文をみてみよう

国税通則法第74条の2が税務職員が税務調査で質問ができる根拠条文となっています。内容は以下のとおりですが、わかりやすいように省略等少し手を加えています。

「国税庁、国税局若しくは税務署の当該職員(以下税務職員という。)は、所得税、法人税、地方法人税又は消費税に関する調査について必要があるときは、調査対象者ほか一定の者に質問し、その者の事業に関する帳簿書類その他の物件を検査し、又は当該物件(その写しを含む。)の提示若しくは提出を求めることができる。」

ここでのポイントはこの規定の最後の部分の「できる」という表現です。「提出しなければならない」といった強制的な表現となっていません。

では、それを拒むことができるのでしょうか。

 税務調査は拒めるか

これは私の口からははっきりとは申し上げられません。捉え方次第と言えるかもしれません。

モラルも関係してくると思います。それでは詳しく見てみることにしましょう。

 任意調査は間接的に強制されています

前述した条文国税通則法第74条の2で規定している税務職員が質問できる権利を質問検査権といいますが、これを拒むと罰則があります。

その条文もみてみることにしましょう。こちらもわかりやすいように少し手を加えています。

国税通則法第127条

「次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

一 省略  

二 税務職員の質問検査権の規定による当該職員の質問に対して答弁せず、若しくは偽りの答弁をし、又はこれらの規定による検査、採取、移動の禁止若しくは封かんの実施を拒み、妨げ、若しくは忌避した者(執筆者注:要するに従わない者)

  税務職員の質問検査権の規定による物件の提示又は提出の要求に対し、正当な理由がなくこれに応じず、又は偽りの記載若しくは記録をした帳簿書類その他の物件(その写しを含む。)を提示し、若しくは提出した者」

以上のように調査官の求めに応じない場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金ということになります。

 結論

したがって、拒否はできるが罰則を受ける、というのが結論です。ただし、通常罰則を受けたい人などいないので拒否できないと言ってよいのではないかと思います。

 まとめ

 税務職員は勝手に何もできない

質問検査権は申告納税制度を支える重要なものです。これを拒否していいはずがありません。しかしながら、もう一度前述の国税通則法第74条の2を見てほしいのですが、その条文では「求めることができる」となっており、「しなければならない」となっていません。そのために税務職員は何かを確認するときには必ず代表者の方あるいは税理士の方などしかるべき人にそれをして良いか確認を取ります。許可をもらわない限りそれをすることができないからです。なぜなら許可を経ずに行えば違法調査となり、証拠能力が失われます。また、調査対象者はそれを拒否して罰則を受けるという選択肢を持っていると言えば持っているからです。

しかし税務職員がそれならばといってその罰則を適用することはまずありません。税務職員の使命の一つが適正公平な課税です。罰則を適用したのではそれが実現できません。ですので税務職員はそれが必要とあらば執拗に許可をもらえるまで求め続けることになります。

 正当な理由がなければ拒否できる

正当な理由があれば調査官の望むもの=質問検査権の範囲となります。紹介した条文の中に規定されてるとおりです。逆を言えば正当な理由がなければ拒否できます。例えばまったく理由なく調査官の趣味でその箪笥の引き出しを開けて見せてくださいなどと言えば、断れるのは当然です。

任意調査というものがご理解いただけましたでしょうか。従うかどうかの判断が調査を受けている者に一応委ねられているがために、そうでない強制調査に対してそのように呼ばれているということでした。

税務調査のときには、調査官は求めるものがあれば必ず許可を求めてきますので、その理由をよく考えて、調査官の立場に立って確認する必要があるなと思えば応じ、わからなければよく理由を聞いてみましょう。そうすれば必要以上のものを開示しなくてすむ場合が出てこようかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました