GMOコイン口座開設手続きのすべて〜本人確認に21日間!?〜

GMOコインでユーザー登録から本人確認を完了し、すべての機能が利用可能となるまでの手順を解説します。

はじめに言っておきますが、本人確認手続きをこちらで済ませ、本人確認完了まで21日間かかりました。呆れる遅さ。そんなに立て込んでいるのでしょうか。

ユーザー登録

GMOコインへ(↓クリック)

口座開設」ボタンを押す

   

口座開設画面

メールアドレスを入力、Facebook、Googleで口座開設する、この3パターンで口座開設をスタートします。

今回はメールアドレスを入力するパターンで解説します。

メールアドレスを入力して、「無料口座開設」ボタンをクリックします。

   

指定のメールアドレス宛に登録手続き画面へのリンクの貼られたメールが送信されるので、リンクをクリック

   

パスワードを設定します。(英数字記号)

これでアカウントの作成が完了です。

しかしながらこの状態では仮想通貨の預入と送付しか利用できませんので、本口座開設へと進んでいきます。

口座開設申込

個人情報の登録

フォームに個人情報を入力し、確認画面に進み、よろしければ送信します。

個人情報登録1

個人情報登録2

本人確認書類の提出

本人確認書類の選択なのですが、2018.1.11現在「2.受取時に本人確認をする」は利用者が多すぎてストップしているということで「1.本人確認書類の画像をアップロード」の一択でした。

本人確認方法の選択

   

指示にしたがって本人確認書類をアップロードして送信してください。

画像の形式はjpg/png/gif形式だけなのでご注意ください。

本人確認書類のアップロード

待機

自分でやれることは一旦ここまでとなりますので、メールが届くのを待つことになります。

待機メッセージ

待機中の動き

H30.1.11 本人確認のアップロートを完了

   1.30 口座開設審査完了のお知らせメールが届く

   2.1  「口座開設のお知らせ」発送のご案内メールが届く

   2.1  書類が到着

本人確認の完了

届いた書類に口座開設コードの記載があります。

gmoコイン書類

   

GMOコインにログインすると次の画面が開きます。

口座開設コード入力

口座開設コードを入力し、「口座開設」ボタンをクリック。

   

携帯電話を使ったSMSで2段階認証を求められます。(必須のようです。)

携帯電話に送られてくる認証コードを入力し、「認証する」をクリック

sms二段階認証

これで手続きはすべて完了です。すべての取引が可能になります。

まとめ

GMOコインの口座開設までの道のりはとにかく長いです。

本人確認まで21日かかりました。

ちなみに同時期に申し込みを行なった取引所の状況は次のとおりです。

Bitbank(4日)、Coincheck(8日)、Zaif(10日)

このとおりGMOコインの口座を開設には、圧倒的に時間がかかることにご注意ください。