Google HomeとNature Remoを連携してスマートホームを実現する方法

OK Google 電気を消して

OK Google エアコンを消して

OK Google 加湿器を消して

OK Google じゃあ、帰るね

Google Assistant「お疲れ様でした。いつものように奥様にLINEで連絡しておきますね。気をつけてお帰りください。」

なんてことが、Google Homeで手軽にできちゃいます。

わざわざGoogle Assistant対応の家電を購入する必要もありません。

Google HomeとNature RemoというデバイスがあればIFTTTというサービスと連携することで可能なのです。

Nature Remoとは

nature remo

Nature Remoは簡単にいうと、あらゆるリモコンをスマホ1つに集約でき、さらにスマホで外出先からでも遠隔で家電を操作することを可能にするデバイスです。

Remoの概要はこちら

Nature Remoについては、設定や使い方等を前記事で紹介してますので、詳しくはそちらをご覧ください。

Nature Remoの使い方〜スマホにリモコンを集約する方法〜スマートホームへの道

それではNature Remoを購入して設定が完了しているという前提で、Google HomeとNature Remo、そしてIFTTTを連携させてスマートホーム化する方法を解説していきます。

IFTTT(イフト)を使う

IFTTTとは「If this then that」の略で、もしこういう場合は、こういうことをする、という命令を作っていき、実行させるサービスです。

スマートホーム化の大きな流れは、IFTTTを使って、Google Homeにこう言ったら、Nature Remoを使ってこれこれを実行するというものです。

例えば、Google Homeに「エアコンをつけて」と言ったら、Google AssistantがNature Remoに指示をしてエアコンをつける、ということをしたいわけです。

それでは、早速IFTTTの使用を開始しましょう。

アカウントの作成

まずは次のリンクをクリックしてIFTTTのSign Upページにいきます。

IFTTTへ

GoogleやFacebookのアカウントでサインインできますし、メールアドレスとパスワードでサインインしたい場合は下の「sign up」をクリックします。

ifttt sign up

画面の指示にしたがって、アカウントを作成してください。

命令(Applets)を作ります

サインインしたら、メニューバーの「My Applets」をクリックします。

my applets

  

New Applet」をクリックします。

new applet

  

+this」をクリックします。

add this

もしこうだったらの部分を設定します。

  

検索窓に「google」と入力すると、「Google Assistant」が出てきますので、これをクリックします。

google assistant

  

Say a simple phrase」をクリックします。

simple phrase

  

命令を作ります。

今回は暖房をつける命令を作ってみます。

設定画面の上3つはGoogle Homeへ言う言葉を設定します。

その下はGoogle Assistantに言って欲しい言葉を入力します。

LanguageをJapaneseにします。

そして「Create trigger」ボタンをクリックします。

  

次に「+that」をクリックします。

that

Google Assistantにこう言ったとき、どうするかという命令を作っていきます。

  

検索窓に「nature」と入力するとNature Remoがヒットしますので、これをクリックします。

nature remo 検索

  

「Connect」をクリックします。

connect remo

  

メールアドレスを指定して「ログインメールを送る」ボタンをクリックします。

ログインメール

  

Nature Remoにログイン」をクリックします。

メール受信

  

許可する」をクリックします。

許可

これでIFTTTとNature Remoの連携が完了しました。

  

次に何を実行するかを設定します。

左はエアコンをつける場合に選択します。中央はエアコンをつける場合、右はそれ以外の設定を行う際に選択します。

今回は暖房をつけますので、中央の「Turn on air conditioner」をクリックします。

remo での実行

  

Air consitioner settings」をWarmの22度に設定しました。

Air Volume(風量)」はAutoに設定しました。

Create action」で決定します。

22度設定

  

Finish」をクリックします。

設定完了

  

これで設定が完了しました。

内容を訂正したい場合は、右上の歯車マークをクリックすれば、設定を編集できます。

完了 編集可能

少し待って、Google Homeに「OK Google 暖房をつけて」と言うと「待ってました!」と言って暖房を設定温度でつけてくれます。

まとめ

この要領でエアコンを消したり、テレビをつけたり、電気をつけたり、加湿器をつけたり、お掃除ロボを動かしたりと命令を追加していけば夢のスマートホームを実現することができます。

私は仕事場を出るときに、Google Homeに「じゃ、帰るね」というと、妻にLINEで帰る旨のメッセージを送るように設定したりして、便利生活をEnjoyし始めました。

こんな感じです。

スポンサーリンク
adsense_down
adsense_down

フォローする