Google Adsenseで「サイトのナビゲーションが困難」を解決したお話

Google Adsenseを再開しようとしたところ、Googleからの

「 5 か月にわたって広告表示がなく、次の 30 日間に広告表示がなかった場合はアカウントがリセットされることをご連絡いたしました。恐れ入りますが、その後 30 日間に広告表示がなかったため、お客様の AdSense アカウントはリセットさせていただきました。」

というメールに気づいておらず、アカウントリセットのため、再度Adsenseの申請が必要ということになりました。

そのときに前回通っているにもかかわらず、次の理由で2度落ちました。

サイトのナビゲーションが困難: お申し込みのウェブサイトを審査いたしましたが、サイトのナビゲーションが困難です。ナビゲーションの問題には、リダイレクト、ログインが必要またはアクセスが制限されたページ、無効なリンク、ポップアップの過剰な使用、電話アプリケーション、作成中または立ち上げ前のページなどが含まれます。

メールの具体的内容は以下のとおり。

サイトのナビゲーションが困難

3度目に承認を得たのですが、このメッセージではおよそ不承認の理由を察し難いのではないかと思い、参考までにどのように解決したかを残したいと思います。

1回目の変更

ナビゲーションが困難という意味をそのまま捉えました。

この時、記事のカテゴリーが3つしかありませんでした。

カテゴリーを増やせばナビゲーションという意味では良いかと判断し、9つほどに増やし、再度申請しました。

その結果1日後に同じ結果を手にしました。

2回目の変更

次は「リダイレクト」と「アクセス制限」に注目しました。

.htaccessに「リダイレクト」と「アクセス制限」を追記していたのを思い出し、見返してみました。

これを一旦全削除し、すぐさま再審査を申請しました。

すると1週間後見事審査を通過しました。

adsense承認

審査は何度も申請していいか?

最後に、私はこのような疑問を持っていましたが、せっかちな性格なので、直したと思ったらすぐに申請しました。

カテゴリーを増やし、申請。ダメ。htaccessのリダイレクトとアクセス制限削除して、申請。マルといって具合です。

なぜなら、直っているかどうか聞いてみないと不明ですし、本当は直っているのにそれを知らずさらに直そうと悩んでいたとしたら相当な無駄だと考えるからです。

ひょっとしたらすぐに申請して、不承認原因が直っていなければ減点という制度があるかもしれませんが、私の場合はまったくそう感じませんでした。結果承認されてますし。

これは個人的見解で、はっきりはしてませんが、たぶん大丈夫です。

スポンサーリンク
adsense_down
adsense_down

フォローする